しんたろうの言葉日記。

〜あなたに届けたい言葉がある〜

2008年02月

■77■辛さに埋もれそうでも。

辛さに埋もれそうでも。








辛いことを経験して、

“今が最悪”という気持ちに埋もれそうでも、

背中を向けて逃げないで。

応援してくれている人がたくさんいるから、

支えてくれる人がたくさんいるから、

埋もれそうなその気持ちも、

その温もりがあるから──。

あなたはこの冬もまた乗り越えられる。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


どうしても嫌なことがあったら、


ついつい「最悪やぁ」とか

「自分が一番今不幸やわぁ」とか思いがち。

そしてその点だけに目を向けてしまうと

不思議なもので、本当に心からそう思ってしまうんですよね。


でも、もう少し周りを見渡してみれば、


自分の味方になってくれる人ってのは、結構いるもんなんですよ。

そしてそんな人達に共通してるのが、


“あったかい”


ってことなんですね。


そんな人達がいると、今の季節の冷た〜い雪みたいな辛さも、


その温もりで溶かしてくれるんですよ。(いや、ほんと。)


だから、一人だったら溶けなかった(解けなかった)ものも


ちゃんと味方がいるってことを認識してれば、


それを乗り越えられるんです。


一人では無理なものはたくさんあるけど、


二人なら叶えられるものもたくさんある。


それが三人、四人と


多くなればなるほど、もっと、、、ね。


Byしんたろう

■76■伸びしろ。

伸びしろ。








未熟者。

それはまだまだ成長できる証。

あなたの人生はいつでも、これから。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「未熟者」「まだまだ」「ケツが青い」

ある意味全て褒め言葉ですね。

「あなたはまだ成長できる余地があるんですよ」ってことだから。

そう言われているのは、成長を期待していることだし、

そう思うのは、意識的にまだ自分は出来るって思ってるってこと。

ひとつずつ成長の階段を上って生きましょう。


絶えず未熟者であることを願って。




注)よくスポーツ選手とかに対してつかう「伸びしろ」は将来が期待できるだとか潜在的な力のこと。一応調べてみると正式にある日本語じゃなく、あまり語源もハッキリしないらしいですが、僕自身普通にある言葉だと思ってました・・。でもこれをタイトルにしたかったので、あえて・・。


Byしんたろう

■75■光と雨。

光と雨。










やさしさが光となり、

涙が雨となって花が咲く。

光だけじゃ育たない。

いろんな感情を晒け出してこそ、

種を蒔いて育て始めた

ふたりの花が美しく咲き誇るんだよ。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

夫婦(カップル)って、いろんな時間を共有しているから、

だからこそ、いろんな面が見えてしまうときがあると思うんです。

それは知らなかった良い面(やさしさとか)だったり、嫌な面(厳しさとか)だったり・・。

やさしい時は「あぁこのやさしさが好きだな」とか。

厳しい時は「もっと言い方あるやん」とか。

でもそんな良い面(やさしさ)と嫌な面(厳しさ)が

ちょうどいい具合にふたりの関係をより良いものに育て上げてるのかなって思います。





これはいつ、満開に咲くか分からないけど、

僕は咲き誇って、枯れることのないものやと信じてます。



Byしんたろう

Profile
質問・相談・ご注文等
Recent Comments
「歩いて生こう。」
携帯サイトで見る
QRコード
  • ライブドアブログ